ゲームプレイをより快適な環境にするために、ゲーミングマウスを探している人は多いと思います。ゲーミングマウスって、プレイするゲームのジャンルによって選ぶポイントが変わってくるなど意外と奥が深いもの。

性能はもちろん、個性的なマウスがいいなと考えている人におすすめなのが、ドイツのROCCATというブランドが取り扱っている「Kone Pure Military」というゲーミングマウス。

カラーが「Desert Strike」(デザートストライク)、「Naval Storm」(ネイヴァルストーム)、「Camo Charge」(カモチャージ)の3色展開になっています。このマウスは戦場をイメージしたミリタリーカラー(迷彩)なんです。FPSゲーマーであれば、すでに知っている人もいるかもしれません。見た目的には、これでFPSをプレイしたら、より臨場感を味わえそうです。

Desert Strikeには、それぞれ専用のマウスパッドもセットでついてきます。Desert Strikeは、ブラウンを主体とした砂漠地帯をイメージしたデザイン、Naval Stormは闇夜の海に浮かぶ戦艦をイメージしたダークブルーを主体としたデザイン、Camo Chargeは深緑をベースにしたジャングルをイメージしたデザインになっており、それぞれマウスを乗せてみるとしっくりきます。

ゲーミングマウスにセットでついてくるマウスパッドって、基本的にシンプルなものが多い中、マウスのデザインに合わせてくるというのも珍しいです。

小ぶりなデザインだから小さい手の人でもしっかり握れる!

Desert Strikeは、Kone Pureシリーズと同じ光学センサータイプの「Pro-Optic(R4)」が搭載されています。

■基本スペック
基本仕様:光学センサー搭載ワイヤードタイプ
ボタン数:7個
最大トラッキング速度:130IPS(≒3.30m/s)
最大加速度:30G
DPI設定:100~5000DPI(100DPI刻み)
USBレポートレート:125/250/500/1000Hz
データ転送フォーマット:16bit
本体サイズ:69(W)×118(D)×38(H)mm
重量:約91.5g(本体のみ)
ケーブル長:1.8m

光センサーは、Pro-Optic(R3)と比べると20IPS低くなりますが、その分DPI設定が1000増えています。これは、4K解像度のデスクトップでの有用性を考えて、このバランスに作られていると言っていいでしょう。ゲーミングマウスとしては全体的なスペックは低く感じますが、実際にプレイした時に快適に感じれば問題ありません。

小ぶりなデザインなので、持ち方は小さい手の平の人は「かぶせ持ち」「つまみ持ち」が最適だと思います。一方、手が大きい人は「つかみ持ち」が安定した操作ができやすいでしょう。

Kone Pure Militaryはオールマイティーに使える!!

マウスを左右に行き来した光センサーのテストでは、DPI設定を400/800/1600/3200/5000の5パターンで検証しました。全体的に左右への振り返し時に、必ず1回カウントが飛んでしまうというのがわかりました。が、全体的にブレは少ないため、FPSやMMO、アクション系やMOBA系など全ジャンルのPCゲームで比較的安定した操作が期待できるという結果になりました。ゲームパソコン比較でハイスペックモデルを買うなら、このような高性能ゲーミングマウスを使うのがおすすめです。

また、直線補正を「ON」の+6に設定するとペンタブで書いたような綺麗な直線が描けるなど補正力が強かったというのも意外でした。ゲームプレイに関しては、不要なものですが、ブログをされている人など、イラストでの説明が必要になった時にいい仕事してくれるのではないかなと思います。

安定した操作ができ、サーフェスキャリブレーション機能もしっかりしていているので総合的な性能は高いです。見た目にもこだわりたいという人は一度試してみる価値ありです。